2018年07月25日

「美術の時間」展〜地域とつながる、美術の授業〜

今年も「美術の時間」展を開催します。
今回で12回目の開催です・・・。6年目で12回とは年2回開催のペースです。

これまで地域の画廊喫茶や文化施設での展示、美術館や公共施設、フィンランドでも開催しました。

最初の思いは、「美術へのネガティブイメージを払拭しよう!」というものでした。

いろんな人とお話しするたびに、「美術の授業って・・・・私苦手だったな・・・」という声が。

「そんな〜、絵を上手く描くことだけが美術の授業じゃないっす!」と言っても、上手く伝わらない。

だったら、今の美術の授業の時間を丸ごと展示して紹介しよう!ということで始めました。

美術教師がどんな思いをもって、どんな力をつけさせたいのか、そのためにどんな題材を設定して、どのような活動を行わせて力を高めていくのか・・・授業の構造や美術の時間に起きている子どもたちの頭のなか、試行錯誤する姿やできた時の笑顔、悩んでいる時の顔などなど、すべてひっくるめて展示しちゃおう!ということで今までやってきました。

今回は、西目高校の黒木健先生との合同展です。
以前、黒木先生とは秋田市のアトリオンで同展を開催したことがあります。
その時は、全国の高等学校美術工芸教育研究大会に合わせての展示でした。

今年は、全国造形教育研究大会秋田大会に合わせての展示です。

テーマは「地域とつながる、美術の授業」ということで、私も黒木先生も取り組んでいる地域と関わる美術の授業の展示です。

美術の時間展「地域と美術」.jpg

昨今、他教科との連携やら教科横断型の授業などと謳われています。

そもそも美術という教科は様々なものやことと関連づけたり、融合したりしながら作品を制作します。
色や形やイメージという造形要素を学ぶ教科ですが、作品をつくったあとは、その先にどんどん広がっていくのも美術です。

美術の授業は、美術室で考え制作して終わるのではなく、外に出ることによって、作品を介して様々なものやこと、人と関わって何かしらの反応を起こしていきます。
その反応がまた様々なんです。

美術の授業が始まりで、子どもの生き方にまで影響を与える出来事が起きることもあります。

だから、楽しいのです。

だから、本気で学ぼうとします。


学力って、なんだろうと最近よく考えます。
ある一つの教科に限ったものではなく、総合的なものだと思います。

様々な知識を総合的に判断してつなげていくことが学力なのではないか・・・そう思います。





会期は短いですが、ぜひ多くの方々にご覧いただき、美術の可能性を知って欲しいと思います。

「美術の時間」展〜地域とつながる、美術の授業〜
2018年7月28日〜8月1日 10:00~18:30(最終日は12:00まで)
秋田公立美術大学サテライトセンター フォンテAKITA6階情報発信コーナー

お時間が合いましたら、是非お越しください!



IMG_0721.JPG

今現在の西仙北中の美術室です。

6年目になりますが、少しづつアップデートを繰り返して今に至ります。

ワクワクするような、失敗を恐れずいろんな挑戦がでるような、そんな美術室、学習空間(雰囲気も)をつくっていきたいと思います。







posted by 田中真二朗 at 23:05| 秋田 ☁| Comment(0) | 美術の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

あきたの造形教育 美術展

いよいよ、全国造形教育研究大会秋田大会が開催されます。
県内の幼、小、中、高、支援学校の授業と実践発表で、秋田の造形の学びの一端をお見せしますが、秋田県立美術館では、これまでの歩みや児童生徒の作品を展示いたします。
こちらも是非見ていただきたいです。
FDB4DBA6-6922-4164-9E70-076173EB4BB4.jpeg
秋田県立近代美術館の出前美術館、県内各地の研究団体の特色ある取組紹介、児童生徒美術展の作品展示、高校の実践紹介など…盛りだくさんです!
この場所で授業も行われます。

美術展やホームページなどの担当をさせていただていますが、多くの方々に見ていただくことが私の仕事をでもあります。

後少しで本番ですが、これまでの過程も授業と同じでたくさんの学びがありました。

大会当日、皆さまとお会いできるのを楽しみにしております!

posted by 田中真二朗 at 20:47| 秋田 ☁| Comment(0) | 美術の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

いよいよ全国大会!

かなり、かなりのご無沙汰です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

西日本の豪雨災害、これ以上の被害がないことを祈るばかりです。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
昨年は勤務校の学区も豪雨災害でかなり大変でした。
日常の生活に戻るまで時間はかかります。それでもあの時は
泥かきボランティアなどは
全国から大仙に集結して助けていただきました。
今度はこちらが出向く番です。
一刻も早い復興をお祈りするとともに、できる限りの支援をしていきたいと思います。


7月30日31日には全国造形教育研究大会秋田大会が開催されます。
申込締め切りは7月13日まで延長されたそうです。
大会案内表紙のコピー.jpg

新学習指導要領に関する、調査官の公演もありますし、秋田がこれまで培ってきた
造形教育の一端をお見せする機会でもあります。
ご興味のある方はぜひお申し込みください。

以下のサイトからお申し込みいただけます。
https://akitazoukeiken.wixsite.com/akita-zokei

授業に関しては以下のとおりです。ご参考まで。

大会案内1.jpg


大会案内2.jpg

大会案内4.jpg

大会案内3.jpg

大会案内5.jpg


延長マーク.png


記念講演も楽しみですし、調査官お二人の講演もたのしみです。
秋田県にゆかりのあるお三方の鼎談もとっても楽しみです。

「よりよく生きる」という大きなテーマがある今大会。

ぜひ、多くの皆様にお越しいただき、ご指導を賜りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。







posted by 田中真二朗 at 22:50| 秋田 ☔| Comment(0) | 美術の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする