2018年12月06日

「和菓子の授業」取材されました!

気づけばもう12月・・・。

一年はあっという間です。

夏に取材を受けた「和菓子の授業」

光村図書さんの広報誌「美術準備室」(偶然!このブログも美術準備室!)
に載せていただきました!ありがたいことです!


スクリーンショット 2018-12-06 11.36.01.jpg

以下のリンクからご覧いただけます。
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/material/pdf/kyokasho/c_bijutsu/kohoshi_c_bijutsu_all.pdf

筑波大学の直江先生からもコメントしていただき、感無量です。





ここ最近はというと、地区の美術展がありました。
地区の研究団体の事務局の仕事もしているので、この時期になると色々と忙しくなります。

IMG_3346 2.jpg

この地区の美術教師たちは本当に精鋭部隊といっても過言ではないくらい、面白いことをやっている人が多いです。
もちろん、子供に身につけさせる力をしっかりと考えての授業です。

作品の多様性もあり、「見せる」ことにも力を入れています。
学ぶべき展覧会でもあり、私たち美術教師が情報交換する場でもあります。
いつもいつも勉強させてもらってます。


今の授業はというと・・・・

IMG_3325.jpg

「灯り」や「動物」など「紙」を使って様々なものを作っている最中です。

このブログでも紹介したことがありますが、一枚の紙から何ができるのかシリーズです。

一年生は、自分の性格や行動を動物に表して表現します。

二年生は紙のみを使って自分の気持ちを表す灯りをつくります。

三年生は「15歳の存在証明」です。

IMG_3295 2.jpg


IMG_3292 2.jpg


IMG_3282 2.jpg


IMG_3293 2.jpg


IMG_3326.jpg

まあ、こうやって遊ぶ人も出てきますよね。でも、怒ったりしません。そればっかりやってたらさすがに言いますけどね。


IMG_3307.jpg

紙一枚からいろんなことができる。発想や行為によってこんなにも変わるって、私も含めて生徒も驚きながら授業をしています。

遊びから入った方が、自由な気持ちで自分を表現できるような気がします。

1時間いっぱい夢中になって紙と格闘する姿、授業終わりの5分前に「さあ片付けだ〜」と言った時の「え〜!もう終わり!?」の声。
たくさんの経験を積ませて、そのあとみんなで共有する。いろんな発見をしてから発想に入らせることによって、誰もが「主題」を生み出せるようになると思います。

毎時間発見があるこの「紙」の授業。


また経過を報告します。







posted by 田中真二朗 at 11:43| 秋田 ☁| Comment(0) | 美術の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

ドローンの実力

先月のことですが、本校にドローンが届きました。

ある団体に申請していたものが通り、ドローン購入資金を得たのでした。
地域に還元する目的です。

私自身、小さなおもちゃドローンを持っていて、校内の陸上大会などで遊びながら空撮し、映像編集していました。
次第におもちゃドローンでは物足りなくなってきた頃、申請が通ったというラッキーな話でした。

ドローンを購入してから、校務員のおじさんは学校の修繕必要箇所等をドローンで確認したり、理科教師は毎朝定点観測で鳥海山(秋田の富士山)を撮影したり、私は美しい景色を撮影し学校のPRムービーを製作したりと、幅広く活用しています。


ですが、一番変わったな・・・と思うのが、みな「美しさ」に対して敏感になったことです。
日々の空の移り変わりや木々の色などに敏感に反応し、事あるごとにドローンで撮影するようになりました。
まあ、ドローンを使いたいというのもありますが。。。

dji1538567864574.jpg


ドローンの規制区域もあるのですが、秋田の田舎はほとんどありません(笑)
校地内に関しては人が密集していない限り事故等も起きませんし。

以前記事に書いた生徒へカメラを渡す取り組みに似ているように感じました。


これから秋が深まると、よりドローンの出動回数が増える事でしょう。


今朝はSLが学校近辺を通りました。
この時に出た言葉が「ドローンで撮ってくれば!」
今日は新人駅伝大会がありました。
その時に出た言葉は「ドローンで追尾したら?」

最新の機器があると、やりたいこともやれることも増えてきて、発想力が広がります。

ドローンの実力、恐るべし。


学校って古臭いイメージですが、田舎の公立校でも結構いけてますよ。



IMG_2637.jpg



posted by 田中真二朗 at 21:55| 秋田 ☔| Comment(0) | 美術の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

これまでの研究・・・本校のHP見てびっくり!

たまたま調べたいことがあって、自分の勤めている学校のホームページを訪れました。

トップページの写真は毎年、校長から依頼を受けてセレクトしちょちょいと編集してアップしてもらってます。

学校紹介のmovieも、趣味の領域でつくっているものですが、載せてもらってます。

研究事業のページにいくと、なんということでしょう!

6年前の研究からず〜っと研究に関わる記事やブログ記事がリンクされまとめられていました。

前任の校長先生、今の校長先生がコツコツと記事を書いたくださり、それをHPのリンクにずっと貼り続けてきた証です。


本当に嬉しいことです。幸せ者です。感謝しかありません。

と、いうことで。

全体に公開されていることですので、このブログでもご紹介します。

http://www.edu.city.daisen.akita.jp/~ns-nishisenbokutyu1/kenkyuzigyou/kenkyuzigyou.html




IMG_2713.jpg

この写真は関係ありませんが、先日の合唱コンクールの際の黒板です。

合唱コンクールあるあるなのですが、初めはバラバラだった合唱が、様々なドラマ(男女のいざこざや結果を求める派と努力を讃える派との対決とか、本番間近のスランプとか・・・)を経て、コンクール当日は最高の合唱を披露してくれました。
担任としては、涙ものです。我が子が一番可愛いと言いますが、自分のクラスの頑張りを見てきている分、ひいき目、否、ひいき耳になっていたかもしれませんが・・・。




これまでの黒板アートを一挙に載せるというのもいいかもしれません。
次の記事はそれにしよう。


posted by 田中真二朗 at 19:50| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする